高血圧に有効なノルバスクの画像

高血圧ならまずノルバスクを試せ!

ノルバスクを服用することで血管が広がり、血圧が抑えられます。そんなノルバスクは副作用も少なく高血圧でお悩みの方に人気のある医薬品です。試したことのない方は是非一度チェックしてみてください。

         

ノルバスクはこんな薬

ノルバスクは血管を拡張する作用があるため、狭心症や高血圧など血管の負担を軽減して血流を良くする病気の治療薬として処方されています。狭心症や高血圧の治療に使われています。ノルバスクはカルシウム拮抗薬と言われ、カルシウムが血管の細胞に取り込まれるのを阻止する働きがあります。結果壁はカルシウムを吸収すると収縮してしまうため、血管が収縮されてしまいその中を流れる血液の量が減ってしまいます。血管が狭くなるとコレステロールや中性脂肪が血管の内側に溜まってしまい、動脈硬化なども引き起こされてしまうので心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こしてしまう可能性があります。カルシウム拮抗薬は薬の効き目が高く、服用から約6時間で血中濃度が最高になり、半減期も約35時間かかります。そのため、ノルバスクはカルシウム拮抗薬の中でも薬を服用してからの効果の時間が長いことも特徴で、毎日1回の服用で効果が期待できます。また、カルシウム拮抗薬の中でも第三世代と呼ばれている薬で、いちばん最初に製造された第一世代から時間をかけて血管を拡張する効果が研究され、副作用も軽減されています。これらのことから降圧剤として処方される薬の中では、第一選択薬と言われるほど多くの医師の支持を受けていると言われています。ノルバスクに限らず、カルシウム拮抗薬を服用するときにはグレープフルーツなどの柑橘類との食べ合わせは薬の効果が強く出すぎてしまい降圧効果が高すぎるため、禁忌とされています。半減期も長いため、ノルバスクを服用している間は柑橘類を食べることは控えるようにしましょう。ジュースの状態になっていても効果は変わらないため、ジュースを飲むときにも注意が必要です。

副作用以外で気をつけたいノルバスクの注意点

ノルバスクは、細胞内へのカルシウムの流入を抑制することで心臓へ栄養を送る各種の血管を拡張させ、血液の流れを緩くすることで血圧を低下させる薬です。主な用途は狭心症や高血圧の治療ですが、体全体の血流を改善する効果もあることから、様々な病気の治療にも利用されています。基本的に、ノルバスクは血糖、尿酸、脂質などに影響されず、高血圧症の第一選択薬となるような安全性の高い薬なのですが、服用の際にはいくつかの注意点があります。まず、妊娠中や授乳中の女性、ノルバスクの主成分であるアムロジピンベシル酸塩 にアレルギーのある人、同じくノルバスクの成分であるジヒドロピリジン系化合物に対する過敏症がある人や小児などは、原則として服用が禁止されているため、服用は避けた方が良いでしょう。次に、上記に含まれない場合でも、腎機能障害や肝機能障害のある人や、もともと血圧が低い人、降圧剤や利尿薬などの他の薬を服用している人などは、ノルバスクの服用の前に医師や薬剤師に相談する必要があります。また、ノルバスクの血圧を低下させる効果は、めまいやふらつきをもたらすこともあるため、高い所での作業やドライブのような危険を伴う機械の操作を行う予定がある場合も、作業前の服用することは避けた方が良いでしょう。さらに、意外な所では、ノルバスクとグレープフルーツを併用すると、薬の血中濃度が上昇し、その作用が必要以上に強化されてしまう場合があるため、これも避ける必要があります。特にグレープフルーツについては、フルーツジュースやミックスジュースなどにも気を付けなくてはなりません。ただし、これらの用法をしっかりと守っていれば、ノルバスクは前述のように安全で効果の高い薬であるため、用法をしっかりと守って有効に活用したいところです。

ノルバスクの成分アムロジピンについて

ノルバスクの有効成分アムロジピンは、血中半減期が非常に長く、その作用から長時間作用型のカルシウム拮抗薬に分類されています。人間の冠動脈には血管平滑筋が存在し、その細胞にカルシウムイオンが流入することで血管が収縮して血液の流れをコントロールしていますが、収縮したままでは血流が悪くなり血圧が上昇してしまうことがあります。アムロジピンはカルシウムイオンが流入する通り道であるカルシウムチャネルにフタをすることで細胞内に流入するのを防ぎ、動脈の収縮を抑制する作用があります。結果的に血管は拡張し、血液の循環が良くなるのがカルシウム拮抗薬の作用となります。多くは末梢血管に作用しますが、心臓の血管にも効果が発揮されるため、適応症は高血圧だけでなく狭心症にも対応しています。アムロジピンの作用はカルシウムイオンの流入を防ぐことになり、その他に大きな作用がないため安全性が高く、効果的に血圧を下げられるという利点があります。副作用が少ないのが特徴ですが、カルシウム拮抗薬という特性上、グレープフルーツなどの柑橘系の飲み物と一緒に飲むと相乗効果が起こり血圧が不安定になることから使用には注意しなくてはいけません。血中半減期は35~37時間ほどで長い時間で維持されることから、1日1回の服用で十分に効果が発揮されるため、飲み忘れなどにも対処できるのが大きなメリットです。アムロジピンの価格も2年に1度は更新され、年々安くなってきており、現在は1錠30円以下と安くなっています。現在はジェネリック医薬品もいくつか開発されており、ノルバスクよりも安い値段で購入できるため、高血圧の治療で毎日のように使用する人には経済的な選択肢が用意されているのも特徴となります。