高血圧に有効なノルバスクの画像

ノルバスクを服用することで血管が広がり、血圧が抑えられます。そんなノルバスクは副作用も少なく高血圧でお悩みの方に人気のある医薬品です。試したことのない方は是非一度チェックしてみてください。

パイナップルの身体への影響とノルバスクとの相性

パイナップルは中に含まれるビタミンAとビタミンCは非常に栄養価が高く、また体調を整えてくれる効果があります。また、酵素は新陳代謝を促進し、疲労回復などにも効果があるとされるため、体調維持には非常に良い食べ物と言われています。更に食物繊維も豊富に含まれており、その為定期的に摂取することで身体の調子を整えることでも大きな効果が期待できる食べ物です。
但し、血圧が高くノルバスクを服用している人に取っては、その酸味がグレープフルーツと似ていることから、副作用を心配する人も少なく有りません。ノルバスクはカルシウム拮抗薬等成分が血圧を下げる効果をもたらすものですが、グレープフルーツに含まれる成分がカルシウムカルシウム拮抗薬の分解を遅らせる効果があるため、効果が持続し過ぎて血圧を下げ過ぎてしまう危険があるのです。その為極端な場合には死に至るケースもあるため、ノルバスクを服用している場合には控えた方が良い食べ物として有名です。
パイナップルはその酸味が有ることからグレープフルート同様、ノルバスクに対して悪影響が有ると考えられがちですが、実はそのようなことはありません。クレープフルーツとパイナップルの成分は全く異なっており、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分がノルバスクの効果を高め過ぎて問題を起こすのです。パイナップルにはこのフラノクマリンは全く含まれていないため、安心して食べることができます。
ちなみに、血圧を下げる薬の中には、このカルシウム拮抗薬を含まないものもたくさんあります。それらの物はグレープフルートと食べ合わせても問題はありません。自分の服用している薬の成分や効用をしっかりと把握しておくことが、食べ合わせなどによる被害を防ぐことになるので注意が必要です。