高血圧に有効なノルバスクの画像

ノルバスクを服用することで血管が広がり、血圧が抑えられます。そんなノルバスクは副作用も少なく高血圧でお悩みの方に人気のある医薬品です。試したことのない方は是非一度チェックしてみてください。

2016年08月の記事一覧

ノルバスクを飲むときはロキソニンとの併用に注意

現代日本では、高血圧症と診断された人が多いです。
日本人の二人に一人とも言われています。
生活習慣病のトップに名前が出てくるほどの凄まじさです。
血圧が高いということは、ある意味、血気盛んで体温も高いと考えられる傾向がありますが、昨今は、低体温であっても高血圧症である、という事例が見られるのです。
女性や高齢者にたまに見られる現象です。
低体温と高血圧症が合体したら、どんな悪影響があるのでしょうか。
そもそも、高血圧症とは、心臓から送り出される血液の量が増えてきて、その圧力が高くなってきた状態を意味しています。
加齢によって、血管の弾力が失われ、心臓から血液を送り出すのに必要な力が求められますので、高血圧症になりやすいのです。
下の血圧の数値が高い場合は、特に低体温が高血圧に悪影響を与えている恐れがあると考えられます。
この値は、心臓に戻っていく血流が滞っていることをあらわしています。
つまり、新陳代謝が低下して低体温となっている可能性が考えられます。
ですから、低体温であるのに高血圧症になっている場合は、体を温めることで高血圧症をコントロールすることができます。
高血圧症に対してはノルバスクという治療薬が効果を発揮しています。
血管を拡張させて血流を良くすることで高血圧症を抑制しているのです。
ノルバスクは副作用もほとんどなく、安全性が高いことでもって、医療機関では第一選択される治療薬となっています。
ただ、ノルバスクと解熱鎮痛剤のロキソニンを併用するときには、注意が必要です。
というのは、ロキソニンを服用すると、降圧薬や利尿薬の作用を弱める作用があるとされています。
ノルバスクとの併用するにあたっては、医師に相談してみることが必要です。

続きを読む